インライン式押出造粒機

従来の円筒造粒機のようにターンテーブルを使用しない投入・取出方式のため、洗浄性が高く、かつ、部品点数の減少により安価な押出造粒機となりました。

インライン式押出造粒機の特徴

  • 駆動系を側面に配置する事で投入ホッパーから真下に造粒品を取り出しますのでターンテーブルは不要。
  • ターンテーブルがないため洗浄性が飛躍的に向上。
  • インラインでの使用に適した設計で、高さのない設置場所にも設置可能。

インライン式押出造粒機のシステム

インライン式押出造粒機の適用業界

インライン式押出造粒機の適用業界。食品、医薬品、ファインケミカル、電池、農薬、肥料。

インライン式押出造粒機の仕様

形式スクリーン径電動機スクレーバ排出形状処理能力
FBG150150mm0.75kWヘラ片持式(新型)10kg〜50kg
FBG200200mm1.5kWヘラ片持式(新型)30kg〜120kg

※処理能力は処理物の特性、スクリーン目開きによります。

「インライン式押出造粒機」に関するお問合せ・資料請求はこちら 受付時間:09:00~17:00(土・日・祝日・弊社休日を除く)

【東日本地区】営業部 粉体営業課
TEL:03-3230-7156 Fax:03-3230-7158

【西日本地区】営業部 関西支社 粉体グループ
TEL 06-7662-7282 FAX 06-7662-7290

メールでのお問合せ

粉体機器、粉体システム
エンジニアリング

粉体機器・粉体システムエンジニアリングの製品一覧へ戻る

お問合せ・資料請求はこちら

メールフォーム