エコへの取り組み 環境報告書

2016年度

1.生産活動における環境負荷低減

(1)地球温暖化防止活動
2015年度は2014年度と比較して、電気炉及び熱処理炉水焼入槽冷却水量調整による電気使用量削減等によりCO2排出量は3.5%減少しました。
原単位では2.2%増加しましたが、原因は2014年度に工場仕掛量低減(完成高増加)への取組みを行ったため省エネ効果以上に原単位が減少したことによるもので、2013年度実績と比較すると5.4%減と中期的には減少傾向にあります。
■温室効果ガス排出量(CO2換算)
温室効果ガス排出量
※排出量算定に用いる東京電力のCO2換算係数はすべて2008年度の値(0.425tCO2/千kWh)としている。また、原単位は排出量の大部分を占める鋳鋼工場の排出量を鋳鋼完成高で割った値を示す。
なお、鋳鋼完成高でなく電気使用量と関連が深い鋳鋼鋳込量をベースとした場合、2015年度の原単位は2014年度実績比0.2%減少している。
(2)廃棄物削減活動
2015年度は2014年度と比較して総排出量は27.5%増加しました。原因は生産工程とは関連のない新厚生棟基礎掘削時の残土発生によるものであり、これを除くと0.8%減少しました。
原単位では9.7%増加しましたが、原因はこれまで保管していたガス切断による溶断カスの処分を行ったことによる増加等です。
■廃棄物排出量
廃棄物排出量
※排出量は(株)アーステクニカ八千代工場の値,原単位は排出量の大部分を占める鋳鋼工場の排出量を鋳鋼完成高で割った値を示す。

2.実施した活動

(1)鋳鋼工場電気炉冷却系の電気使用量の削減
電気炉冷却ポンプのインバータ化による炉運転終了後の夜間、土日の低速運転を2014年度末より継続実施しています。
(2)鋳鋼工場水焼入槽冷却系の電気使用量の削減
水焼入槽の冷却ポンプフートバルブの更新による夜間・休日運転の休止を2014年度末より継続実施しています。

3.2016年度の活動

2016年度は熱処理炉油焼入槽の冷却水量調整を4月より実施しており、これによるCO2排出量の削減を見込んでいます。また、2016年度に実施予定の電気炉集塵機の更新、連続熱処理炉の更新等により更なるCO2排出量の削減を計画しています。

エコへの取り組み

お問合せ・資料請求はこちら

メールフォーム

アクセスマップはこちら

八千代工場の営業日記

エコへの取り組み