ニュース|株式会社アーステクニカ 川崎重工グループの破砕機および環境リサイクル事業に特化した機械プラントエンジニアリングメーカーです

神鋼造機株式会社より植繊機事業に関する事業譲受

2017/04/01

当社は、2017年4月1日より神鋼造機株式会社(以下、神鋼造機)から植繊機事業の設計・製造・販売・修理に関する事業を譲り受けます。

植繊機は、焼却処分されている剪定枝などの植物性廃棄物を、膨潤処理※ を行うことで原料の性状を変化させ、堆肥や肥料、敷料などの農畜産物用資源を製造する機械です。当社が保有する破砕・粉砕技術やエンジニアリング力とを組み合わせることにより、原料の投入、破砕から膨潤処理に至る一連のシステムを構築・提案することが可能となり、より幅広いお客様のご要望にお答えいたします。

なお、神鋼造機が過去に販売した植繊機や、植繊機の補機(定量供給機および金属探知機、異物除去機等を含む)、植繊機および補機を組み合わせたシステム、また、これらに付随する部品のアフターサービスおよび今後の部品供給については、アーステクニカが履行します。

窓口)株式会社アーステクニカ 営業部 環境営業課
TEL:03-3230-7154
FAX:03-3230-7158

※膨潤処理
水分を含む植物性廃棄物を加圧・混練し、圧力を解放することで、原料に膨潤という作用を与えます。膨潤により、原料の繊維を解繊し、微生物の影響を受けやすい性状へ変化させることで、発酵時間の大幅な 短縮のほか、保水性・保肥性が向上するため、堆肥や飼料など、多目的な資源に変質させることができます。

NEWS

お問合せ・資料請求はこちら

メールフォーム

アクセスマップはこちら

八千代工場の歳時記

エコへの取り組み